自分で手続きを行うデメリット | 過払い金請求のデメリット | 過払い金請求なら【ふくだ総合法務事務所】高い回収金額・安い手続き費用

自分で手続きした場合のデメリット

業者の対応が悪くなることがある

相手が応じない可能性が高い

過払い金が発生していても、専門の知識がなければ話し合いになりません。また業者も余計な出費はしたくないのが本音ですので、債務者本人が直接話し合いを申し込んでも業者が素直に応じる可能性は必ずしも高くありません。

専門家が出てきたときに対応できない

業者によっては専門家(弁護士等)を代理人に立ててくる場合もあります。この場合、プロを相手に交渉することになりますので、払ってもらえるはずのお金をみすみす払ってもらえずに終わる、ということも考えられます。遠回りだと感じられても、専門家に依頼した方が安心です。

資料を準備する必要がある

過払い金請求の際には必ず準備しなければならない資料(書類)があります。業者に請求すれば入手できる資料もありますが、なかには自分で用意しなければならない資料もあります。専門の知識がなければ個人の力では全ての資料を収集するのには限界があります。専門家に依頼すれば、資料の収集も職務権限において行いますので、資料不足で過払い金請求ができない、といった事態も避けることが可能です。

手続きの最中に時効になってしまう恐れがある

過払い金請求の発生時期について裁判所は時効の起算点を「(業者との)取引が終了したときとする」としています。取引終了の時期については業者に取引履歴を請求することで知ることができますが、その時点においてどのくらいの過払い金が発生しているかは、計算をしてみないとわかりません。取引終了の時期によっては、過払い金の計算をしている間に請求権そのものが時効により消滅するといったことも考えられますので、お早めに専門家にご相談ください。

専門家へのご相談は、フリーダイヤルかメールでお気軽にどうぞ!

当事務所に過払い金請求をご依頼頂くメリット

当事務所に依頼するメリット

過払い金請求、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ0120-150-913お問い合わせ

どこの事務所に依頼しても、過払い金が同じではありません!

過払い金請求をお考えのほとんどの方が【どの事務所に依頼をしても戻ってくる過払い金の額が同じ】だと思われているようです。

ですが、これは大きな間違いです。

費用だけで依頼する事務所を決めたことで、取り戻せる額が少なくなってしまう場合、取り戻せるまでの期間が長くなってしまう場合があります。

過払い金請求は一度しかできません。

依頼する事務所はしっかりとお調べになったうえで決める事をおすすめします。

返済中の方へ:任意整理について完済した方へ:過払い金請求お手続き費用当事務所について:事務所概要

払い過ぎ利息の再計算を何社でも無料で行います!

払いすぎた利息が戻ってくるまでの流れ

払いすぎた利息が戻ってくるまでの流れ払いすぎた利息が戻ってくるまでの流れ

過払い金請求、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ0120-150-913お問い合わせ
お客様の声
  • フリーダイヤルのご相談
  • 携帯からもサイト情報をご覧いただけます。
出張相談 過去相談会の実績はこちら ふくだ総合法務 全国出張日記!
サイトマップ
サイトマップ

ふくだ総合法務事務所は、過払い金請求を始めとした借金問題を全国からお受けし、金額や早さなど、ご希望に応じた方法で解決しています。アコム、プロミス、レイク、アイフルなどの消費者金融から多くご相談を頂いております。当事務所では、すべてのご相談を代表司法書士の福田がお一人お一人に時間をかけてお受け致します。過払い金請求に対して満額回収を基本方針としております。お支払方法も柔軟に対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。 当事務所では、東京、横浜、目黒区、中目黒駅、品川区、大田区、港区、世田谷区で多くのご相談をいただいております。当事務所は全国対応しており、無料出張相談を行っておりますので、遠方の方でもお気軽にご連絡下さい。 当サイトでは、多くご相談を頂く消費者金融の過払い金請求、債務整理の対応状況を初心者向けの情報から、実際の解決実績まで詳しく掲載しております。ご相談前にご覧頂き、ご不明点はフリーダイヤルでご質問ください。匿名、非通知のご連絡でも結構です。

所在地情報
〒153-0061
東京都目黒区中目黒二丁目10番15号山手Kビル1階
ふくだ総合法務事務所へのアクセス詳細

お問合わせ